ゴールデンウィーク イベント

2012年03月18日

GW イベント 東海

ゴールデンウィーク イベント 2012年 人気スポットのお祭り・お花見・温泉・遊園地・テーマパーク・観光スポット・スポーツ大会などが調べられるお役立ちサイトをご紹介します。


2012 GW イベントを調べるには下記サイトがお勧めです。

全線が国登録有形文化財となった天竜浜名湖鉄道
静岡県西部、東海道本線の掛川と新所原を結ぶ天竜浜名湖鉄道は、元は東海道本線のバイパスとして1940年に全通した国鉄二俣線。
それが1987年に第三セクター鉄道に転換したローカル鉄道である。

国鉄時代からの古くて味わいのある駅舎や施設が数多く残り、大切に使われていることから、2010年12月に全線が国登録有形文化財となった。
これを機会に、日本の原風景とも言うべきノスタルジックな鉄道旅行を味わえる天竜浜名湖鉄道(通称、天浜線)を紹介してみたい。
今回は、天浜線の西端、新所原から掛川に向かって列車の旅をしてみよう。


名物のうなぎ弁当を買って、天浜線の旅がスタート
静岡県の西端に位置する新所原は、豊橋から東海道本線の普通列車で2駅10分。
東海道本線の駅に隣接して天浜線の駅がある。
小さな駅舎内で目立つのは、改札口にある「駅のうなぎ屋」。

浜名湖と言えばうなぎが有名なので、さっそく注文した。温かいうなぎを食べさせるというポリシーから、注文してから作り出す。
ホームで出発を待っている列車内へ、店員さんが発車間際に届けてくれた。
さっそく弁当を広げると、列車はゆっくりと動き出した。

日本の大動脈である複線電化の東海道本線と分かれる天浜線は、単線非電化、小ぶりのディーゼルカーが一両だけでコトコト走っていく。
やがて車窓右手に浜名湖が見えてくる。東海道新幹線の車窓から見る浜名湖とは違って、どこかのどかな鄙びた風情だ。



ゴールデンウィーク イベント





posted by katahirashusaku at 11:00 | 東海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。